忍者ブログ
うはwのHP。のTylor(タイラー)です。日常とFF11を綴っています。
モヤモヤのもうひとつ。


今回の大雨。
当初福岡をはじめとする九州地域に対して
かなり前から警戒のための報道等がなされておりました。

福岡市内には1級河川はありませんが
僕の家から一番近い2級河川である室見川でも
氾濫ギリギリ、決壊近くまで水が増水しました。



(ツイッターより)

市内ではありませんが、市外より東側の一部では
洪水になった場所もあるようです。



住んでいるマンションでも漏電でエレベータの照明が消えたり
台風以上のトラブルを体験する事となりました。


まあ、大したことではありませんでしたが。


しかし
九州をはるかに越える被害が
中国、四国、地方で発生してしまいました。


皆さん大丈夫でしたか?


僕はツイッターで救助要請などリアルタイムで見ていたんですが
現地では悲惨な状況が続いていて
とても広範囲に多くの方が取り残されていました。

救助を求めてツイートを皆が協力して拡散したり
現状の報告をたくさんの人々が行っている状態です。


今回、テレビなどでは6日のNHK以外は基本的に通常放送。
NHKもL時字幕放送などで水害を伝えはしていましたが・・・。
ここが第2のモヤモヤポイントでした。

テレビは大きな災害時に特別放送で現状を伝える必要があるのではないか?


もちろんマスコミで取り上げる事での2次被害や
自然災害が日々起こりうるこの国で頻繁に特別放送を組むことでの弊害。
日本全体で自粛ムードとなることでの経済へ悪影響。
この問題以外にも取り上げるべき問題があること。
そもそもそんな事を言うのは偽善であるなど

いろんな事が言われています。


やっぱり行き着いた結論としては
NHKの問題です。


受信料の徴収などで様々ありますが

国営放送となり、政治的に中立で事実のみを伝える
ニュース・報道機関となってはどうか。
紛争、災害・人災時は特別放送への切替えを基本とするべき。っと。


その上で、受信料ではなく税金を国民から徴収したらいい。

NHK職員は今時点で放送法に守られた特別貴族公務員のような存在。
受信料収入により潰れる心配が無く、給料も平均年収1100万を越える圧倒的な高給です。
手当てを入れると平均1780万円という話もあります。

金額が減ってしまうといい番組が作れなくなる、いい人材が来なくなる。
そう言うと思いますが

事実関係のみの報道に特化した場合
公務員的な正確な裏取りを行う組織として機能したらいいのであって
スペシャル放送などの時間とお金をかけた番組作りは
民間に委託したらいい。

同じ予算をつければ民間でも喜んで南極まで取材に行くよ。
今が最高のように言うけれどね。

同様の条件で取材をした場合、ダメになる可能性より
はるかにいいものを作る可能性が高いと思う。

スポンサーなどの縛りから解放された
テレビマン達の実力を見くびってはいけません。

公共性の高い番組作りを心掛けさえすれば
民間の方々でも今の番組トーンやフレームは
簡単に維持するでしょう。


民放はやはり電波を使うという公共性はあるものの
スポンサー収入で食べている以上、ある程度自由であるべきだし個性があるべき。
災害報道を行うかどうかも含めて、テレ東京みたいにね。

やっぱり問題があったりつまらなければ
視聴率である程度淘汰されてしまう。
受信料収入でこのグリップがきかないNHKは
やっぱりこのままではダメじゃないかな。


NHKが今回
死者100人を越えるような災害中に
一般の放送するには違和感があった。


ここで語っても
どうしようもありませんが

そのように感じた事を記しておきましょう。





おはよう。

今日の福岡はいい天気です。





拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
理不尽
何ならいいの?
どうならいいの?
何が出来るの?
どうすればいいの?
疑問は尽きないし、尽きないからいい。

自然災害で日本という国の中で苦しんでいる人がいると言う事実
苦しんでいる、タイムリーに困っている
その情報を私たちがTwitterで知る
それが悪いわけじゃ無い
一つの方法としてとてもいいと思う

でも、そんなことが出来るのはほんの一部の人であって
うちの母はそんなこと出来ない
出来ない人を中心に考えろなんて言わないけれど
寄り添う気持ちを持った対応は大切なんじゃないかなって思う

いつも通りの番組を見て
今、どうなっているのかな・・・って不安に感じたなっちでした
なっち 2018/07/11 (Wed) 21:34 編集
なっちさんへ
お久しぶり!
なっちさんのところは大丈夫だった?

ちょっと尋常ではない災害にビックリしています。

今回無くなったり逃げ遅れた人達は
ほとんどが高齢の方だとのこと。
色々言われるテレビだけれど
できることに限界はあるけれど
まだまだ必要としてくれる人がたくさんいると役割は大きいと思います。
これから大きな地震なども予想されていますし、明日は我が身と思って
優しく、なっちさんが言われるような
寄り添える報道や僕らも対応しなければいけませんよね。

これからまだまだ暑い。
被災地の方々にできることは限られているけれど、どうにか生き抜いてほしい。

なっちさんも厚いけれど
体に気を付けてね!
タイラー 2018/07/12 (Thu) 20:40 編集
カウンター
最新コメント
[07/15 モンド]
[07/15 ぽこ]
[07/14 タイラー]
[07/14 タイラー]
[07/13 めい]
[07/13 めい]
[07/12 タイラー]
[07/11 なっち]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 5 6 7
8 11 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
タイラー(TYLOR)
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
お久しぶりです。僕です。

2016年12月13日からFF11に2度目の復帰。
名前を取り戻すため鯖を移動しました。
リアル優先のプレイスタイルで反応薄いです。
寝落ち多し。
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]