忍者ブログ
うはwのHP。のTylor(タイラー)です。日常とFF11を綴っています。

ここ数日、時間があるときは
ネットであの裁判の行方を追っています。



目黒の結愛ちゃんの事件。

事件発生直後にもエントリーしたけれど(「僕たちにできること」
今、母親の裁判が始まって
どうしてあの凄惨な事件が起こってしまったのかを
世間が知る機会を得ています。

小さな家の中で最後を迎えた小さな命が
世間に投げかけたこと。

偽善と言われるかもしれませんが、ずっと考えさせられています。


母親のむせび泣きが法廷に響いた。結愛ちゃん死の直前に夫が暴行「知らなかった」【目黒5歳児虐待死裁判・詳報①】


この裁判を通して

責任の所在をきっと裁判所は整理してくれるのでしょうけれど
父親、母親、児相、この家族と関わったすべての人が
それぞれできたことやできなかったことを自身に問い、解釈、反省し

大小の罪を償っていくのかもしれません。

責任の所在はきっと折り重なっていて
プロの分析を待つばかりですが

ただ少しでも
社会が彼女の死を無駄にしない方向へ
進むことを願うばかりです。

父親の裁判が始まったら
また書くかもしれませんが

本当につらいね。




拍手[2回]

PR

僕のところは大雨ではありますが
問題ありません。

今はパラパラ程度で小康状態。

7時のNHKを見ましたが
隣の佐賀県の武雄には知り合いもたくさんいますが
本当に大変そうですよね。

明日の明け方近くには福岡でも大雨が予想されています。

こんな時に限って仕事が重なり
明日か明後日は夜中まで仕事になりそうだな。


とにかく生存確認ということで・・・

僕は大丈夫!です!



拍手[2回]


こんにちは。
今日は真面目なお話です。
 

先日NHKで広島の原爆資料館
リニューアルの特集を見ていました。





僕も修学旅行ではこの資料館に行きましたし
大変大きな衝撃を受け原爆の惨禍に胸を痛めた1人です。
今なおその後遺症に苦しめられている方々の苦労を考えると
この問題に対して簡単な物言いはできないと思います。

大人になって
ネットを通じて資料に目を通したり
見ていない特集番組を改めて見たりしました。

2年前には
原爆投下当時の広島の軍港、呉を描いた
「この世界の片隅に」という映画を見たエントリーも書きました。

「この世界の片隅に」




位置的に広島と長崎の中間にある福岡に住む僕は
学生の頃両方に修学旅行へ行きました。

小学校の頃の修学旅行は長崎。
中学校の頃は広島。

当時見てきた原爆に関する資料は
もちろん強烈な内容でしたが



こういった写真などを含めて投下後かなりの時間が経った物が多く
白黒で現実感があまり無く、主に遺品の展示が多かったようにも思います。

僕が行ったのは数十年前ですから
その後内容も日々変わっていったと思いますが
今回のリニューアル特集で久しぶりに見た
広島の原爆資料館の内容は、当時と比べてかなり変わっているようでした。

訪日外国人の増加に伴い
海外からも多くの方々が来るようですが
公平さや客観性など大変評価の高い施設と言われています。

しかし当時被曝された方々、いわゆる生き証人の方々の高齢化で
いわゆる「記憶の継承」が途切れる事を懸念されていることなどから
今回のリニューアルで、被曝された方々の背景にスポットを当てたとのこと。

あまりにも多い犠牲者の「個々の存在」を掘り下げることで
来館者が自らの痛みとして考え、イメージする事を手助けするような
そんな内容の展示に大幅に変更したそうです。



また余りの惨禍のため、映像や資料が最も欠けている

「原爆投下時に何が起こっていたのか?」

についても資料が増え
被爆者が描いた絵やわずかな写真を多角的に検証することで
まさに当時、その場で起こったことを
より伝えるものになっているように感じました。

僕も大人になってからですが
ネットなどを通じて改めて見た原爆の絵や写真
資料を通じて、どれだけ酷い惨状だったのかを
より知る事ができました。

とても正気を保てそうもない地獄絵図。

僕が見てきたものは恐らく最も酷いもの意外だったのでしょうね。
規制のゆるいネットに置かれた映像は想像を越えるものでした。


リンク先:閲覧注意
※原爆投下直後の厳しい写真や絵の動画やサイトが含まれています。


“原爆の絵”は語る~ヒロシマ 被爆直後の3日間~』




動画

INSIDE HIROSHIMA「きのこ雲の下で何が起きていたのか」




この時期、毎年、考えさせられる。

今も紛争は世界中であり、核兵器以外の通常兵器でも
悲惨さに大小は無いとの理屈はわかります。

しかし
この兵器が起こす地獄は
人が堪えられる限界を越えているのではないかと。


アメリカを憎むとか
日本が被害者だとか言うつもりはありません。
日本も多くのアメリカの若者を殺しています。

民間人というレベルでも中国やアジアにおける戦闘で多くの被害があります。
※中国の余りに大きな被害主張で見落とされがちですが
民間人が少なくとも700万人~1600万人亡くなったと言われています。
膨大な数です。


あの当時、もし日本に核兵器があったなら
アメリカに対して最後は使用していたでしょう。

神風を実行した我が国です。

そして現在は
アメリカの核の傘に依存しているのが現実もあります。


ただこの惨劇を経験した国として

多くの日本人の想いは
こんな兵器は二度と使用してはならない。


そう願っているのだと思います。


いずれにせよ

せめてこの時期ぐらいは
苦しみの中で亡くなった方々に手を合わせなくてはいけませんね。

ご冥福を祈ります。




※核先制不使用
余り知られていませんが
中国も1964年の初の核実験で、
核兵器の「先制不使用」という方針を掲げてから中国政府は
「中国はいかなる時もいかなる場合でも核兵器を先制使用せず、
非核兵器国及び地域に核兵器を使用しない」
と何度も厳かに表明しています。

今日まですでに半世紀以上たつが、中国政府は約束を守り続けている。

またオバマ大統領のいわゆる「核の先制不使用宣言」は
北朝鮮問題を抱える日韓両国が懸念したため取りやめになった。


この概念が
まずは形だけでも結ばれると良いと思います。


追記:

明日は長崎の原爆の日。


米軍の初期目標は福岡の北九州だったそうです。

親戚が住んでいますし僕も遠く関わりがあったかもしれませんね。






 ”焼き場に立つ少年" 

※今から63年前、長崎の火葬場で撮影された一人の少年。
背負っているのは原爆で死んだ弟。
弟を焼く順番を待ちながら、悲しみに耐える少年。
歯を食いしばるその唇には、血が滲んでいた。

拍手[4回]


隣国・韓国で
日本旅行ボイコットが広がっているそうです。

確かに日本国からの輸出管理の話が出たぐらいから
目に見えて少なくなったなぁって思います。

ここ数日は特に。

いつからか福岡では
都心部などに大量の中国・韓国人が来るようになりました。
官民挙げて観光客集めていましたしね。

その後、彼らの行動域は拡大し
住宅街まで観光客らしき人を見かけるようになりました。

民泊などの影響もあるかと思いますが
カートを引いて住宅街をうろつく人をよく見かけます。

僕自身直接のトラブルに巻き込まれた事は無いけれど
やはりマナーというか
うわ~~・・・って思う事もあるわけです。





こうした住宅街での写真撮影もそうだし
歩きたばこや食べ歩き。
ゴミのポイ捨てなどなど。

指定袋ではないスーパーの袋とかに入ったゴミを
捨てる観光客?外国人を先日見ました。
うちの近所では韓国・中国人だと思います。


有名な場所やお店は、さらに観光客が来ることで
より混雑し繁盛しているようですが
地元の人はその代わりに行きづらくなったと言いますか
足を向ける回数が減ってきていますね。

地元の人が行くような安くて旨いお店に来る人も出てきましたし
民泊を複数人で利用したり割安に抑えてる方向になってきて
お金も当初より安く抑えるようになっているようです。

中国人はまだ消費欲が高いようですが
正直韓国人旅行者はコストをかなりカットしているイメージ。

この前なんか韓国人旅行者がスーパーの総菜売り場で
割引になったお弁当を買ってましたよ。

まあ、それは別に構わないけれどさ。

旅行ってよりも地元の人の生活エリアへどんどん来るようになると
そりゃ法や文化も違う人達ですからトラブルも出てくるわけです。

住んでいる僕らに
1円の利益がある訳じゃない。

う~ん。広い意味であるのかな?






いや、仕事上も全然ないや。


テレビでもたまにやってたし
東京や京都や大阪はこんなもんじゃないんでしょうね。
北海道も多いと聞いています・・・。



ちょっとボイコットを取り上げたニュースを見て

ま、いいんじゃね?


って思っちゃったって話でした。



拍手[2回]



週末の吉本問題を色々と見ていて
そこで思った事。

報道機関。

やはりフライデーなどの週刊誌やワイドショーなどのマスコミは
事実を伝えられてるのかな?

もし事実じゃない事を報道した時のペナルティを
そろそろ業界で考えないといけないと思います。
報道の自由や公人のプライバシーはないとか言うのであれば
そこまでやるかというような
自主規制を考えないとそりゃフェアじゃない。
大手新聞機関もそうですけどね。


吉本興業。

社長の態度が事実ならただのパワハラでひどいし
契約書のない芸人との関係など問題を改善するべき点も多いでしょう。
もう時代が進んだのだと切り替えないとね。
今日記者会見するとのことですが
まあ、あくまで内部の問題が表に出て騒いでいるお話。
一番の問題は会見で出た反社のスポンサーと契約をしていたのかどうか。


詐欺グループとの問題。

詐欺組織との関わりは知らなかった可能性が残る以上
写真も繋がりを示す証拠にならない。
知っていた証拠が示されるまで叩いてはいけない。
今後週刊誌が追加で写真を出してきても、週刊誌側の証拠を注視しなくてはいけない。

そして週刊誌がどのような形で写真を入手し
対価を払っているのであれば
週刊誌企業が反社とのつながりがありそれはそれで大問題。


闇営業問題。

法律の範囲内で非課税以上の収入があり申告をしていないのであれば問題。
脱税の問題。申告漏れ相当の方と同等の処分。
(吉本は立場上、所得に関する申告の指導をしなくてはいけない)

闇営業は会社を通さず直接結ぶ契約。
今の時代であれば事前に反社会ではないなどの書面で
一筆を取るなどの対応で身を守るべき。
書面を取っていれば結果的に反社であっても責任はない。
ルール化すべき。


金銭の授受に関する嘘。

受け取った金が詐欺で稼いだ金だから問題という声もあるが
お金に色はついていない。分からないのであれば問題じゃない。

問題は関係者全員が口裏を合わせ、指示に従って公に虚偽の報告をしたこと。
これは少なくとも全員に責任がある。
しかし若手が数万円のお車代程度であったり
5年前の事で忘れていた可能性も捨てきれない。
そもそも問題視する金額かどうか。


受け取った金額が高額である宮迫さん亮さん。

所得隠し、虚偽の報告を会社にし、ラジオツイッターでもしてしまったこと
その知名度もあり社会的責任はあると思う。


特に宮迫さんは後輩達にまで嘘をつく事を「指示」してしまった。
主導的立場であり責任は取る必要があると思う。





そもそもお2人とも
自分の罪を小さく見せるつもりはないと
芸能界引退を決意した会見でした。

今日になってこれから和解の話になるとのことです。

この時代。

失敗を許す寛容な社会であるべきですが
責任ある人が責任を取らねばこの日本では社会的に復活が難しくなります。

きちんと問題を吉本内部のパワハラの話、闇営業の話など切り分けて
分かりやすい形で解決して欲しいですね。

特にテレビ・ラジオという公共の電波を使う露出は
慎重に段階を踏まえて対応して欲しい。彼らの為にも。
辺に早くなると逆に叩かれて2度と戻れない事もあり得ます。

世間は怖いですからね。

まあ、一般人はともかくファンも応援する人もたくさんいるだろうし
人気商売ですから、当分は電波を使わない形であれば問題ないんだろうけれど。



言いたい事は

彼らのミスはともかく
反社会勢力が一番悪いわけです。



彼らへの問題は指摘・整理しつつも
その100倍はその悪人達の問題を取り上げないといけない。

私達への詐欺被害・強盗もそうですが、芸能人も含めて
本当に身近に詐欺グループが増え、実際に居ると言う事。

いつ火の粉が降りかかるわからない時代になりつつという事。

これを最後に必ずマスコミは指摘して欲しい。


吉本社長のパワハラとか
芸人の引退とかの目の前に居る人を話題にして
本質を見失わないようにしなければいけない。


気をつけましょう。

拍手[3回]

|  HOME  |   次のページ >>
カウンター
最新コメント
[09/11 タイラー]
[09/09 めい]
[09/09 タイラー]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
タイラー ( Tylor )
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
お久しぶりです。僕です。

2016年12月13日からFF11に2度目の復帰。
名前を取り戻すため鯖を移動しました。

リアル強優先で
ほぼソロプレイしかできません。

ブログエントリーコメント欄か

tylor777@hotmail.co.jp

までご連絡もらえると嬉しいです。
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]