忍者ブログ
うはwのHP。のTylor(タイラー)です。日常とFF11を綴っています。


まだ幼いころ
僕は宇宙飛行士になりたかった。
 
頑張ればなれると大人は口を揃えた。
小さい手に渡された大きな夢の矢を
力いっぱい引くことだけ教えられた。
 
放つには大きすぎると
大人の笑い声で気付いていたけど。
 
きっと父や母が笑顔になるので
お月さまを見るたびに
語っていたんだろうね。
 
 
いつからか
 
夢に背を向ける事が大人だと
世間の風向きは変わり
人生のページをめくるたびに
その矢は削られ小さくなった。
 
夢を語る男は子供とされた。
  
多くの人と僕は
既定路線と言われる
現実路線に沿って歩んでいる。
 
針のように小さく小さくなった矢は
まだ胸のポケットの中。
車の中から見るお月さまも
あの頃のまま僕を追いかけている。
 
今日
NHKのラジオから
中国のロケットがどうと言っていた。
宇宙がどうと言っていた。
 
そのキーワードに
 
決まってその矢は
僕の胸をチクリと刺すのです。
 
 
ごめんね。
 
 
忘れた訳じゃないんだよ。
 
あの頃の約束とは
ちょっと違うけれど

宇宙旅行が500万円になった時
君を空高く放つ作戦なんだ。
 
 
許してくれるかな?
 
 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
待っているよ
ちくりと胸を刺すその痛みは
「ここにいるよ」という証。
「覚えているよ」と繰り返すあの日の自分を覚えているシグナル。
寝言は寝て言え!と厳しく言い放つあたしですが
男の人が夢を語ってくれる時間は大切にします。
だって、かわいいんだもの。
いつかきっと叶うと思う。
かなえたい気持ちを見届けたいなって思う。

500万は近い未来かもですね♪楽しみ
なっち 2016/10/16 (Sun) 23:45 編集
なっちさんへ
昨日中国のロケットニュースがありまして
こんな昔のことを思い出しました。

なかなかリアクションとり難い独り言に
いつもコメントくれて嬉しい限りです。
ありがとう。ありがとう。
次に野球選手になりたかったと
雑文を上げた時は
「寝言は寝て言え!」っと叱って下さい。


Mですから。


思い描いた未来はそう遠くないところに来ています。
自動運転の車なんてすごい事です。

男に夢物語ほど危険な組み合わせはありませんが
いつの世もその影に
見守る・支える女性がいるのでしょうね。
タイラー 2016/10/17 (Mon) 11:22 編集
カウンター
最新コメント
[09/20 タイラー]
[09/18 めい]
[09/18 タイラー]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 7
8 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
タイラー ( Tylor )
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
お久しぶりです。僕です。

2016年12月13日からFF11に2度目の復帰。
名前を取り戻すため鯖を移動しました。

リアル強優先で
ほぼソロプレイしかできません。

ブログエントリーコメント欄か

tylor777@hotmail.co.jp

までご連絡もらえると嬉しいです。
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]