忍者ブログ
うはwのHP。のTylor(タイラー)です。日常とFF11を綴っています。


以前、僕は幸せの沸点が低い事を
このブログで書きました。

期待値コントロールです。

日々それなりに満足があり安定しています。

ただこの話をする時に
「低い」という言葉の持つマイナスイメージが
しっくりきませんけどね。
足元の喜びに目を向けるそれだけなんです。


若い時に、
仕事をしてお金を稼いで
最終的にどうなりたいのか?を考えたことがあります。


海外に住みたいか?

いいえ。日本最高。

大きな会社を作りたいか?

いいえ。ぜんぜん。ひとりでもおk。

資格やスキルが欲しいか?

いいえ。必要最小限自分でできればいいですね。
いざとなればスキルを持った人と契約したらいい。

家を建てたいか?新築高級マンションは?

いいえ。仕事柄新築のメリットはあまり感じていない。
どちらかというと中古をフルリフォームがいいですね。
立地や税金面でもメリットが多い。
モザイクタイルの洗面所を作りたいぐらいかな。

ブランドものは?ファッションは?

時計に少しこだわりましたが、すでに欲しいのはもうあるので
おしゃれはあまり得意ではないので安くても全然大丈夫。


などなどね。

僕は以前から意識高い系の方が少し苦手です。
批判してるわけじゃなくて僕がそうではないからです。

いちいち満足してしまうので
もっと上を目指さなきゃ!って言われてもピンときません。
先に進むことで得られるものあるでしょうが
見失うものも多いと思うからです。

人間欲望は終わりがありませんから。



僕は何より大切なのは「時間」だと思っています。
しかし仕事をして
そこそこなお金は持っていないと生きていけない。

結論として「不労所得」が必要と思いました。
働かないで稼ぐというと語弊がありますが
少ない拘束時間で人以上に稼ぐしかないってことですね。

この流れからいつしか
不動産投資に力点を置いて
将来、それほどの苦労なく社員を雇わずに
収入が得られるようにと、今頑張っております。


現在でも
きっと同世代よりも
時間はあるほうじゃないかと思います。

ブログも書いていますし
社会人にもかかわらず
ヴァナでそこそこ遊べている事もそう。
睡眠を削ってるけれどそれでもやれている。

海外ドラマなどをボタンポチポチしながら
まとめ視聴できていること。

この短期間でウォーキングデッド
1~8シーズンを見終えましたからね!

アマゾンプライムビデオにハマってるだけですが
これもかなり昔の理想に近いことなんですよね。

家に居ながらにして好きなだけドラマを見るなんて
こんなに幸せなことはないな~っと思うわけです。

こう考えているとすでに
「人生の終着点」に近いのかもしれないなって。
低く設定しているとはいえ
幸せの沸点に達しているのかしら・・・と。

こんな話をヴァナでめいさんにしてたら
めいさんは昔から海外ドラマ見てるっていう(笑)
ウォーキングデッドも9-3まで見てるっていう。

うちのLSすでに人生終着点の人2名。





僕に関してはさらに幸せポイントがいくつかあります。

気のいいマスターが居るバーが家の隣にある事。
キャンプに行ける古い友達がいること。
たまに連絡があるネット友達も良い人が多い事。


忘れてはいけないことは

ブログを見てくれてる皆さんが居てくれること。

これが何よりの幸せなことなのです。


本日もお越し頂き
どうもありがとうございました。



言いたいのは
ここです。


拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ふふw
タイラーさんらしいエントリーで
思わず笑みがこぼれました
ありがとう、タイラーさん
「ひくい」という言葉選び、確かにマイナスイメージかもしれません
でも、高いの反対は低いだし、やっぱりこれでいいんだなって思う
低くていいことはある
少なくていいこともある
足りない方がいいこともある
大は小を兼ねるかもしれないけれど
身の丈にあった生き方をしたいな。
窓の外がやかましくて怖くて
でもタイラーさんの言葉でちょっとそれが和らいだよ
ありがと、タイラーさん
コメントさせてくれて、ありがとう!

んふふ♥
なっち 2018/10/27 (Sat) 01:45 編集
無題
どんなに高い目標を達成しても
幸せじゃない人もいるし高い低いではなく
きっと幸せを感じるアビリティを
発動できているかどうかなんでしょうね。

わたしの場合はいろいろ願望はあるし
そのためになにかをすごくがんばってるわけでもない
日常ではしんどいこともあるし
脳内物質のせいかネガティブな日もあるけど
できない不満やもっていない不満よりは
小さな幸せを見つけたいヽ(´ー`)ノ
小さな幸せならいっぱい持ってるから…
夢中になれるなにかがあるってことが
いちばん幸せなことなんでしょうね

そしてタイラーさんの幸せスフィアが
ここにあるからここに来るだけで
幸せが増えるんだと思う
めい 2018/10/28 (Sun) 18:42 編集
なっちさん、めいさんへ
なっちさんへ

ネットをしていて
なっちさんを含む多くの人の優しさに
びっくりしてしまいます。

相手を元気にさせれる人って
才能だと思うんだなぁ。

なっちさんの日々のツイート見てても
僕なんかへの言葉にしても
いつもいろんな角度で嬉しい言葉を分けてくれる。

コメントをもらえるだけですごいこと。
訪ねてくれるだけでもありがたいのにです。


なっちさんに
いつかどこかで何かのお礼ができれば
人生思い残すことはないんでしょうけれど^^

どこでもドアが欲しいものです。
いつもいつもありがとうです。


めいさんへ

そうだね~。
幸せを感じるアビは
レベル幾つで習得するのか。

覚えているのに使っていないだけなのか。
僕は後者のような気がしてなりません。

逆にいえば満足なんて
きっと上をずっと向いてたら
しないもののような気がしないでもない。

1億円稼いでも2億円の人はまだまだだと言うだろうし
大きな家を買っても補修や掃除で普通以上に悩むかもしれない。
恋愛だって結婚だって満足するものでもないかもしれないしね。
振り返ってそうだったと気付くもの。

めいさんには
助けられてばかりだから
さらにさらに幸せになってもらいたい。

ドラマを見尽くしFF三昧。
家族も健康。
フェイスがヒュム男F4に変更可能になり
ぐっすり眠れる日が1日でも増えますように^^
あ、いつかどこかで僕と
お酒もたっぷり飲めますようにwwwww

あっりがとう!!
タイラー 2018/10/29 (Mon) 09:30 編集
無題
いつだったかな
負けず嫌いな性格上、同級生の意識高い話題にイラついて
じゃあ俺もと一度トライした事があります。
まぁ、結果は言わずもがなだと思いますが
身の丈にあったと言うべきなのかな
慣れないことや本意ではない事に躍起になったとしても
長続きはしないし楽しくない

だから、今は与えられた小さな喜びの中で質素に暮らしているつもりです
その小さな喜びは息子なんですけどねw

今の俺からは到底考えられない。けれど、昔は自分もそうだったなと振り返り懐かしみ今を楽しんでいます。
簡単に言えば何にでも感動する事かな?
感動=興味なんだけど…
えっとカッコつけても伝わらないかw

要するに自然に触れて普段経験出来ないことを全力でやるって事です
支離滅裂ですんません。

小さな喜びがあれば苦難も乗り越えられる。
そう思いますですはい…
弥七 2018/10/29 (Mon) 19:58 編集
弥七さんへ
お久しぶりです!
しっかりコメント頂いて嬉しい限りです!

ある時期にどうしても向上心がすべてみないな
時代をくぐり抜ける瞬間があるのでしょうね。

最前線の仕事をしている人などは
やっぱりそのくらいの意識を持っていないと
戦えないのかもしれないけれど
それはやっぱりすべての人に当てはまる訳じゃない。

世の中のほとんどがゆっくり身の丈にあった毎日を
送りたいと思っていると思います。

特に家庭を持つとそうですよね。

子供たちの反応や成長に目を向けるようになりますし。
何より歩幅を家族に合わせるようになる。

弥七さんのツイートを見てると
特にお子さんのお話しは、とても優しい気持ちになれます。

こんなお父さんがいてよかったね!って
お子様に会う機会があったら言いたい!

何にでも感動する。何にでも興味を持つ。

新しい事は全力でやってみる。

そうすることで壁に当たった時に
乗り越える力になる。

弥七さんにまた教えられましたね。

100%同感なんです。


タイラー 2018/10/30 (Tue) 09:12 編集
カウンター
最新コメント
[11/14 めい]
[11/11 タイラー]
[11/09 めい]
[11/09 タイラー]
[11/09 めい]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
4 5 6 7 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
タイラー(TYLOR)
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
お久しぶりです。僕です。

2016年12月13日からFF11に2度目の復帰。
名前を取り戻すため鯖を移動しました。
リアル優先のプレイスタイルで反応薄いです。
寝落ち多し。
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]